Cafe & Bar ສະບາຍດີ > 過去ログページ
2017年03月29日

 ベトナムとの戦い 外伝之弐


MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!) Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

6年前のベトナム旅行記が終わり、その二年後。店主がベトナムのどこに惹かれるのか、それが分かっていただけそうなので紹介します。

ベトナムとの戦いの定義についてはこちら


外伝之弐 Sông Hàn(ハン川)でSaxを吹いてみた


今回の旅にも持ってきたSax。一回目はハノイのホンキエム湖で。選曲が洋楽ばかりなので、ベトナム戦争のことを思うと、吹いていいのかなと心配したり、暑さのせいかチューニングが狂っていたり、伴奏にしているiPhoneの音がほとんど聴こえないくらい小さかったり、久々の人前での演奏になるから緊張したりで、散々な演奏だった。

2回目は、ダナンに来てハン川で。人通りも少ないからか、伴奏にしたiPadの音量が十分だったからか、少し慣れたせいもあるのか、1回目よりもはるかに上手く演奏できたと思う。おっちゃんが話しかけてきて、世間話をしたり、最後には家族と一緒に写真を撮ったり…なんだかいい感じ。

さて、続けて3回目である。やはりハン川で、空いたベンチを探すが見つからず。そこで、道向かいの店でビールを買い、椅子をかしてもらうことにした。3回目ともなるとかなり余裕も出てきて、自分自身がノれて演奏できてくる。周りに集まる人達も、一番多い。何が多いって、子どもたち。それも2、3歳くらい。興味津々で近づいてくる。

あ、君たちが興味あるのは演奏ではなく、Saxそのものなわけね。

PlayerとAudienceの距離が10cmって、どういうこと?Saxのベルの部分を覗き込むんじゃない。演奏しにくいやんけ。iPadの下のSaxケースに頭を擦り付けてどうする?それはスピーカーじゃないって、隣にいるお父ちゃんも言うとるやんけ。

しかも、一人始めると、二人三人とやり始めるし。何がそんなに面白いねん。頭擦り付けて、何をニコニコ笑とるねん。あ、こら。人が演奏しているSaxを触ろうとすな。お父ちゃん、しっかり抑えといてくれよな。頼むで、ホンマに。

何回か間違えたのは、演奏に集中できなかったせいにしておこう。

...

おい。兄ちゃん、彼女を俺の横に立たせて記念撮影をするな。観光地の立て看板とちゃうぞ。

...

ベトナム、やはり油断できない国である。


注)2012年8月13日Facebook上にて公開した日記を一部加筆修正したものです。


序章
Episode 1
Episode 2
Episode 3
Episode 4
Episode 5.1
Episode 5.2
Episode 5.3
Episode 5.4
Episode 6
Episode 7
Episode 8
Episode 9
Episode 10
戦績発表
外伝
外伝之弐




ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ



タグ:ベトナム

posted by sabaidee at 08:26 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月22日

 ベトナムとの戦い 外伝


MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!) Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

6年前のベトナム旅行記が終わり、その一年後。店主がベトナムのどこに惹かれるのか、それが分かっていただけそうなので紹介します。

ベトナムとの戦いの定義についてはこちら


外伝


土曜日、予定していたイベントが台風のために急遽中止になってしまった。

前日、つぶやくどころか叫んでいた私。「休みくれーーーー!!!」

常々思っている。早く国外脱出したい。

でも、今年は本気でヤバかった。特に7,8月。

これまで楽しんでいたSaxも全く練習しなくなった。練習しようという気にならないのだ。

特に危険状態だったのは、この一週間。
めっちゃNegative Thinking。飲みに行っても、カウンターで宙を見つめる私。
店の人が心配するほど。「どうしたん、大丈夫?」

鬱入っているんちゃう?

自分でそう思うほどだったが、自分で思えるのなら、まだ鬱でもないのかなーと思ったり、「マンガで分かる心療内科」(ゆうきゆう氏原作・ソウ氏画)では、

「俺様は、鬱だぜっ!」

と力強く言い切る鬱はいないというので、

「鬱なんでーす!」と、明るくお店の人に答えてみたりする。

その日出した結論は、次のイベントが終わって、10月には退職しようというものだった。

さて、そんな鬱蒼とした気分で迎えた土曜日の朝。
とりあえず休みになったので部屋の掃除をしたり、バイクを車検に出したりする。

さらに暇に任せて、mixiの日記を読み返してみる。

なんだ、去年の自分はベトナムと戦っていたのか。
楽しそうじゃん、去年の自分。

と読んでいて目に留まったのが、Episode 9

本売りの男だ。

しんどい生活を続けながら、それでも夢を見て必死に生きているヤツがいるじゃん。

自分の状況をヤツに言ったら、一蹴にされてしまうだろうな。

「なんだおまえ、そんなことで苦しんでるの?弱いな。俺はまだまだ頑張っているぜ。」

ヤツの存在を思い出し、目が覚めたように思う。

ヤツに負けないだけの必死さで生きていこうと思ったはずなのに。

まだしばらくがんばれそうです、自分。


注)2011年9月5日mixi上にて公開した日記を一部加筆修正したものです。


序章
Episode 1
Episode 2
Episode 3
Episode 4
Episode 5.1
Episode 5.2
Episode 5.3
Episode 5.4
Episode 6
Episode 7
Episode 8
Episode 9
Episode 10
戦績発表
外伝




ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ



タグ:ベトナム

posted by sabaidee at 11:32 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月17日

 ベトナムとの戦い 戦績発表


MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

6年前のベトナム旅行記です。店主がベトナムのどこに惹かれるのか、それが分かっていただけそうなので紹介します。

ベトナムとの戦いの定義についてはこちら


戦績発表


今回のベトナムとの戦いを振り返ってみよう。

Episode 1 KO負け
Episode 2 draw
Episode 3 試合に勝って、勝負に負けた感じ。
Episode 4 判定負け
Episode 5 負け、負け、負け
Episode 6 ポイントを奪われる
Episode 7 技あり!一本負け
Episode 8 draw
Episode 9 大敗
Episode10 多分、いい勝負

勝った戦いが一つもないではないか!
しかも、実は戦いはこれだけではない。

例えば、Episode10の次に行ったハコでは、お一人様はこちらへ、とばかりに隅の方のテーブルに案内され、真ん中で楽しく盛り上がっている団体様を見ているだけだったし、自分と同じように一人で飲んでいる客がいて(東南アジア諸国では珍しい!)、その姿のあまりに寂しそうな様子に自分の姿を重ね、すぐに飛び出すという始末。

3つ目のハコは、タクシーの運転手に「とにかく広いハコ。若者ばかりのところ」と強調したために、観光Mapにも載っていないほど遠くへ連れて行かれ、タクシー代をしこたま払う。私の希望通り、現地の若者がたくさん集まるとてもでかいハコだったが...

タイでいうコヨーテダンスのようにビキニにショートパンツのおネエちゃん二人が踊るショータイムもあった。おネエちゃんを横目に、ショータイムの間も体育会系で踊る私だったが...

2つ目も3つ目のハコも、ヘルメット持ち込みを許可されないのはいただけない。頭で回ってはダメだと言われてしまった。テーブルの隙間で縦ノリに踊るしかない。これじゃあ、ラオスのディスコーと変わらないじゃーん。

そして、一夜明けて最終日。
ベトナム紙幣(ドン)をできれば使い切ろうと、レストランで頼んだ食事。メニューのgrilled porkまで読んで、これ!と決めた。だって、持ち金とほぼ同額だったし。

やってきたのは、酢豚だった。

...

なんで、ベトナム最後の食事が酢豚なんだーっ?!

しかも、私の大嫌いな温かいパイナップルがたくさん入っているし、南国の恵みか、その甘味も日本の以上だし。
酢豚にパイナップルを入れようと思いついたヤツを心から怨む。ご飯に甘いものが入っているなんて、許されないんだよ。甘いのなら、デザートにしてほしい。
運んできたお姉さんは、ベトナムの伝統的な料理の一つよと言っていたが...

ベトナムに最後っ屁を喰らわされた感じ。

やはりベトナムは偉大だった。
また次挑戦しに行くからな。
待ってろ、ベトナム。


おまけ

ベトナムで発見

9.jpg

ももさんの日記じゃないけど、歩く下着屋さん


5.jpg

あまりに馴染んだマネキン。二人の会話が聞こえてきそう?


4.jpg

エスニック系


7.jpg

背が高い!

2.jpg

化粧で、ここまで変わる!
男性陣、騙されてはいけません!(何に?)


3.jpg

ヅラが外れないように...?


10.jpg

妊婦さんも!


6.jpg

ボク、いつか機械の身体を手に入れるんだい!


8.jpg

ママ、裸じゃイヤァ〜!


注)2010年9月19日mixi上にて公開した日記を一部加筆修正したものです。


序章
Episode 1
Episode 2
Episode 3
Episode 4
Episode 5.1
Episode 5.2
Episode 5.3
Episode 5.4
Episode 6
Episode 7
Episode 8
Episode 9
Episode 10
戦績発表
外伝




ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ



タグ:ベトナム

posted by sabaidee at 12:53 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | my life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする