Cafe & Bar ສະບາຍດີ >  ベトナムとの戦い Episode 4
2017年03月03日

 ベトナムとの戦い Episode 4


MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

6年前のベトナム旅行記です。店主がベトナムのどこに惹かれるのか、それが分かっていただけそうなので紹介します。


Episode 4


ダナン3日目

昼ご飯を食べようと、ホテル従業員のお兄ちゃんに聞いたcơm(コム)ご飯やさんが並ぶ一帯へ足を運ぶ。

今日はご飯の上におかずを載せた、ラオ語でいうカオラートナーを注文。ベトナム語だとそのままcơmでいいのかな。誰かベトナム語教えてください。

おかずに牛肉をグリルしたものと玉子焼き、そして空芯菜を載せてもらった。
ご飯は炊き込んであるらしく、うっすらと黄色い。

うめえ!
これで21,000đồng!大体100円くらい。

喉が渇いたので、無料のお茶を注文する。

「ちょー とい ちゃー」

なんだか日本語を喋ってるようだが、こんな片言ベトナム語でも充分通じる。
店のおばあちゃんがなんか言ってきたが、「だー」という言葉だけは聞き取れたので、「だー」と笑顔で返す。なんなら、A猪木氏のようにあごをしゃくりあげてみてもいい。

中学生くらいの男の子がだー(氷)の入ったお茶を運んできた。

1556904935_187.jpg


...

おい、ぼうず。
そんな遠くにお茶を置いたら、手を伸ばすのが大変やんけ。

1556904935_44.jpg


...

こら、ぼうず。
そんななみなみとお茶を入れたら、口に運ぶまでにこぼれてしまいそうやんけ。

大きな一撃ではないが、ベトナムは私にジャブを打ってきた。

いやいや、ラーメンやお茶に指を突っ込む日本のおばちゃんよりはましか。
「大丈夫、おばちゃん熱くないから」

ぼうずならこう答えるだろう。
「大丈夫、ボクこぼれないようにがんばったから」

たくさん注いでくれた、ぼうずのサービス精神に感謝しよう。

なにより、この店のおばあちゃんの笑顔がとても素敵だ。
それだけで、すべてのことが許されてくる。

ジャブと右ストレートを打たれた、私の判定負け。

1556904935_90.jpg



注)2010年8月9日mixi上にて公開した日記を一部加筆修正したものです。
続きます。


序章
Episode 1
Episode 2
Episode 3
Episode 4
Episode 5.1
Episode 5.2
Episode 5.3
Episode 5.4
Episode 6
Episode 7
Episode 8
Episode 9
Episode 10
外伝




ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ



タグ:ベトナム

スポンサードリンク



posted by sabaidee at 21:30 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | my life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック