Cafe & Bar ສະບາຍດີ >  ベトナムとの戦い Episode 1
2017年03月07日

 ベトナムとの戦い Episode 1


MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

6年前のベトナム旅行記です。店主がベトナムのどこに惹かれるのか、それが分かっていただけそうなので紹介します。


飛ばしていたEpisode 5の前に、Episoce 1を紹介しなければなりません。
ちなみに、Episode 4の後にEpisode 6がきたのは、Episodeは戦いの日付順にナンバリングしていて、mixiにUPした順とズレが生じているからです。というわけで遡って、初戦の話が始まります。


Episode 1


これを書くにあたり、当日はあまりに腹がたっていたので、文章がまとまらなかった。 とてもUPできなかった。
ベトナムに来る直前に衛星放送でやっていた、STAR WARSの影響も否めない。
Episode4,5,6の後に1,2,3 が制作された、あれだ。

ベトナム入国2日目のこと。

序章にもあったように、とにかく3年半ぶりのベトナムだ。気が抜けない。

ハノイからダナンヘ飛行機で飛ぶことにした私は、空港までの渋滞を避けて3時間前に空港入りを果たした。空港のレストランでは無線LANが使えて、日本よりもネット状況は快適だ。ご飯を食べたりしている内に、フライト予定時刻の50分前になってしまった。

チェックインを済まし、チケットを受け取る。Gate1へ行けということなので、進む。Gate1のモニターにはHo chi minhの文字が。Da nang行きは、この便の後だろうかと思い、とりあえずCafeでネット。そろそろ30分前かというころに、Gate1へ足を運ぶ。モニターはまだHo chi minhのままだ。

20:15、予定時刻の15分前になってもまだ消えぬHo chi minh行きの掲示。Gate1にはHo chi minh行きの行列がまだ並んでいる。あと15分でDa nang行きが裁けるとは思えない。スタッフに聞きながらチケットを見てビックリ!20:05になっているではないか!見落としていた。横で西洋人のお兄ちゃんが、スタッフに突っかかっている。スタッフのおばちゃんの話を聞き取ったところ、「15分遅れた」

誰が?私たちがか?

お兄ちゃん「次のフライト?」
おばちゃん「9時25分」
お兄ちゃん「あんたの言っているいることがよく分からん」

よく分からんのはこっちだ。
久しぶりにみなぎる緊張感。
なぜなら、ラオスにいたときに2度フライトを逃したことのある私。まさかここで足止めを食うわけにもいかない。前回と違い、今回は自腹だということもある。Body languageの次に得意ないんちきEnglishを駆使して、出した結論は次の通り。

次のフライトは21時25分の予定。
次のフライトに乗れるらしい。

私のようにスタッフに聞いている人は他にもいた。フライトの変更が急だったのか。間抜けな人間が私だけでないと知り、少し安心した。実際、チェックインする直前に確認した案内では、フライト予定は20:30だった。

21:25を過ぎても来ない飛行機。
「飛行機が遅れています、すんません」という英語のアナウンスをなんとか聞き取る。そのあいだにも、他の飛行機のゲート変更がされ、その都度翻弄される旅客たち。なんといっても日本と違って便全体の案内がここ搭乗口にはないので、頼りになるのはベトナム語と英語で流れる放送だけだ。

スタッフの言うとおり、ただ待つだけでいいのか?
次のフライトに乗るのなら、なんか手続きせなあかんのとちゃうの?
待合室の席に座り、おもむろに立ち上がってうろうろし、時折スタッフに何もせんでええのかと尋ねてと、とにかく落ち着かない私。
焦燥感が募るばかりだ。

席を立ち上がる拍子にデジカメを落としてしまった!
あ!っと思い、拾い上げてみると、レンズのカバーが歪み、カバーフィルターが割れてしまっている。
あー、これでズームレンズは使えなくなったな。
やられた。

21:40頃になり、ようやく開くゲート。しかし、次のフライト客がいるのに、どの席に座ったらええんや?
もしかして、新幹線のように自由席!とか...? まさかね。
スタッフに尋ねると、チケットに表記してある席に座れという。

いいのか?
えーい、どうとでもなれ。

やってきた飛行機は、関空→ベトナム機よりも大きなジェット機だった。
これなら、先の飛行機にあぶれた人間も座れるに違いない。多分。きっと...座れるんじゃないかな。ま、ちょっと降ろされる覚悟はしておこう。

とりあえず席に座ったものの、いつこの席に座ろうとする人間が現れるか分からない。
チケットを握り締め、他の乗客の動きをじっと観察する私。

乗客もほとんど乗り込み、ほぼ満席状態だ。最後と思われる3人の乗客が私の席の近くまでやってきた。
頼む!彼らがこの席に座りませんように。

お兄ちゃん達は、斜め前の席に荷物を置いた。
これで全員乗り込んだ。

そして、やっと全てのことを理解した私。

ただ単に、フライトが遅れていただけなのだ。
西洋人のお兄ちゃんの「Next flight?」の言葉に見事引っかかった。
チケットをもう一度見直すと、“Bording time 20:05”となっている。
搭乗時刻が20:05か!
焦ったおかげでカメラのレンズフィルターまで割ってしまった。

入国2日目にして、ベトナムはヘビーパンチを浴びせてきた。

...

今になって冷静に考えると、勝手に暴走して自爆しただけか。
アナキンスカイウォーカーが自らの暗黒面にとらわれ、ベイダー卿が誕生したように、私はベトナムに翻弄された。

1558181609_176.jpg

こうして波乱万丈のフライトを経て、ダナン編が始まる。

ベトナムの駄目押し攻撃
遅れに遅れたフライトの結果、ホテルに着いたのは23:30。
町中のほとんどの店はもちろん、閉まっている。
町についてからホテルを探そうと、予約をしていなかった私。
ガイドブックに載っていたホテルに空室があって本当によかった。

判定
Knock Out負け

Continued to Episode 2



注)2010年8月11日mixi上にて公開した日記を一部加筆修正したものです。
続きます。


序章
Episode 1
Episode 2
Episode 3
Episode 4
Episode 5.1
Episode 5.2
Episode 5.3
Episode 5.4
Episode 6
Episode 7
Episode 8
Episode 9
Episode 10
戦績発表
外伝




ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ



タグ:ベトナム

スポンサードリンク



posted by sabaidee at 23:54 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | my life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447693874
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック