Cafe & Bar ສະບາຍດີ >  ベトナムとの戦い Episode 5.3
2017年03月11日

 ベトナムとの戦い Episode 5.3


MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

6年前のベトナム旅行記です。店主がベトナムのどこに惹かれるのか、それが分かっていただけそうなので紹介します。

ベトナムとの戦いの定義についてはこちら


Episode 5.3


DSC_1565-2.jpg


Hội anはとても静かな町だった。
なにしろ、バイクの数が少ない。
あのけたたましいクラクションが聞こえてこない。
まるで、時間が止まったようだ。

もちろん観光区内のことであり、街中は少ないとはいえ、バイクが縦横無尽に走っている。

「おい、クルーズに行かないか?」
船頭さんが、連れのベトナム人に声をかけている。
おお、ベトナム人にも声をかけるのか。(当たり前か)
現地人である彼なら、ぼったくられることはあるまい。
小さな船でトゥボン川をクルーズする。
川中は穏やかに風が吹き、気分がいい。

1560981131_106.jpg


向こうに見える渡し舟は、これでもかというくらいバイクと人を乗せて、夕方の川を進んでいく。

1560981131_223.jpg


笊(ざる)のような船に乗って魚を釣るのは、伝統的な漁のようだ。
一人ならおそらく乗ることはなかったクルーズ。
なかなかいいものだった。

一人20,000ドンで、合計80,000ドン。
一人100円くらいだ。
これくらい、払っておくぞ。

というかだな、先のタニシ代...90,000ドン。
払おうとしたけど、「お前の金はでかすぎる。ここは私が払っておくよ。」とラオ人におごってもらってしまった。
ラオ人気質ってやつぁ...涙出てくらぁ。

クルーズを終え、お目当ての来遠橋(Cau Lai Vien)へ向かう途中、お土産店を冷やかして、ネックレスや服を熱心に見つめる女性二人。

ベトナム人の男が言う。
“They are ladies."

まったくだ。
我々男にはまったくもって分からない。

ネックレスを手にしながら、Milaiが言う。
「あなたには彼女、いないの?」

ああ、余計なお世話である。いたら、たった一人で旅しているものか。
いや、いてもたった一人で旅に出てしまいそうな男だけど。

いない、と正直に答えると、

"So, you are lucky."

キタ!ラオ人得意のジョークだ。

"You won't lose money."

だから金が貯まるんだな、私。
と、負け惜しみを付け加えておく。

1560558756_49.jpg


来遠橋との出会いは、私の心にジンとくるものがあった。

こうでも書かないと話が盛り上がらないので、大げさに表現することにした。

DSC_1625-2.jpg


それでも密かに胸は高鳴った。
テレビで見たあの橋を、私が今まさに渡っているのである。
1593年!当時の日本人町に住む住人がたてたという屋根付きの橋。
これを見たさに、Hội anまで足を運んだというものだ。

他の観光物には目もくれず、この橋と、Hội anの町を散策するだけでいい。
「このお寺入る?」
「この博物館は?」「ここは?」

ことごとく、断ってきた。
こんなあっさりした観光客、珍しいと思われたかもしれない。

でもおいしいものって、旬にそれを食べたいだろ?
サイドメニューでお腹一杯になったら、メインのおいしさも半減する。

今回の旅の目的の大方を果たしたところで、つづく...


注)2010年8月15日mixi上にて公開した日記を一部加筆修正したものです。
続きます。


序章
Episode 1
Episode 2
Episode 3
Episode 4
Episode 5.1
Episode 5.2
Episode 5.3
Episode 5.4
Episode 6
Episode 7
Episode 8
Episode 9
Episode 10
戦績発表
外伝




ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ



タグ:ベトナム

スポンサードリンク



posted by sabaidee at 09:40 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | my life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック