Cafe & Bar ສະບາຍດີ >  ベトナムとの戦い Episode 10
2017年03月16日

 ベトナムとの戦い Episode 10


MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

6年前のベトナム旅行記です。店主がベトナムのどこに惹かれるのか、それが分かっていただけそうなので紹介します。

ベトナムとの戦いの定義についてはこちら


Episode 10


まだ、続いていたのか...このシリーズ。 書き直して思ったが、前の話で終わった方が良かったかもしれない。

ベトナム滞在最後の夜。それは、最後の夜のクラブ活動を意味する。
今回はかなり気合が入っている。

これまでのクラブとは違う、HIP HOPのガンガンかかるクラブで思いっきりブレイクしてやるのだ。というワケで、ハコ選びからして慎重にコトを運ばなければならない。

レストランのお兄ちゃんに聞いて見ると、それほど詳しそうでもなかったが、CLB Quoc te Ntayというところを紹介してくれた。

よーし、今日はハッスルするぞー!
(BGMは『ハッスルばあちゃん』(ひらけ!ポンキッキより)でお願いします。)

タクシーで乗りつけると、なんだかすこーしさびれたような感じ。結構こういう雰囲気は好きだ。なんだか昭和のニオイをぷんぷんさせるキャバレーのような風格だ。 もちろん、昭和のキャバレーなんて行ったことはない。

入り口のオバちゃんに、念のために確認しておく。
"Do you have HIP HOP music?"

「もちろん!私もHIP HOPは大好きだよ。」

オバちゃんは即答した。

2Fへと上がるエレベータの扉が開くと...

そこは、思っていた通り、昭和のダンスホールのような雰囲気。
やっぱ、どこか寂れているよ、この店。
でもフロアは結構広い。

とりあえず、コーラを注文する。
しかし、若者がいないな、この店。
どう贔屓目に見ても、30歳以上の紳士と淑女ばかりだ。
いや、むしろ50歳以上の方たちばかりではないのか?

しばらくして、お目当てのHIP HOPがかかったので、フロアへと繰り出す。
隣のおっちゃんもへんてこなステップ踏んでいる。
私の出鱈目ステップをはるかに素人くさくした、いい加減さだ。

いいんだ。
ダンスは楽しんだもの勝ちである。

曲は私好みの早いテンポ。
今回のクラブ活動で一番ノッテクル。
私のステップもだんだん早くなり、やがて飛び跳ねる。

...

ここまで来ると、もはやスポーツだな。
バービージャンプ連続とか、ヒンズースクワットしているのと大差ないぞ。

ぽたぽたとフロアに滴り落ちる汗。

甲子園球児並みに汗をかいて、ああ、これぞクラブ活動。
ていうか、暑苦しい。

曲の終了とともに、とりあえずベンチに引き上げる。
そしてかかる次の曲。

...!

待て!

なんだ、この曲。
と同時に、フロアになだれ込む男女の組。

Shall we danceやんけ〜!

社交ダンスのクラブだったのか。
これは一人では踊れないなあ。
それにしても、おっちゃんオバちゃんたちのうまいことよ。
思わず見とれてしまうほどだ。

感心してばかりもいられない。
別にオバちゃんと意気投合してしまうのが嫌だとか、若者と出会いたいから、ということではない。とにかく、曲の終焉とともに館を後にする。
次のハコを探す!

やはりベトナムは手強かった。



1583909784_158.jpg

1583909784_194.jpg

今回の写真は、女性の皆様にサービス


注)2010年9月16日mixi上にて公開した日記を一部加筆修正したものです。


序章
Episode 1
Episode 2
Episode 3
Episode 4
Episode 5.1
Episode 5.2
Episode 5.3
Episode 5.4
Episode 6
Episode 7
Episode 8
Episode 9
Episode 10
戦績発表
外伝




ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ



スポンサードリンク



posted by sabaidee at 12:32 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | my life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック