Cafe & Bar ສະບາຍດີ >  ベトナムとの戦い 戦績発表
2017年03月17日

 ベトナムとの戦い 戦績発表


MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

6年前のベトナム旅行記です。店主がベトナムのどこに惹かれるのか、それが分かっていただけそうなので紹介します。

ベトナムとの戦いの定義についてはこちら


戦績発表


今回のベトナムとの戦いを振り返ってみよう。

Episode 1 KO負け
Episode 2 draw
Episode 3 試合に勝って、勝負に負けた感じ。
Episode 4 判定負け
Episode 5 負け、負け、負け
Episode 6 ポイントを奪われる
Episode 7 技あり!一本負け
Episode 8 draw
Episode 9 大敗
Episode10 多分、いい勝負

勝った戦いが一つもないではないか!
しかも、実は戦いはこれだけではない。

例えば、Episode10の次に行ったハコでは、お一人様はこちらへ、とばかりに隅の方のテーブルに案内され、真ん中で楽しく盛り上がっている団体様を見ているだけだったし、自分と同じように一人で飲んでいる客がいて(東南アジア諸国では珍しい!)、その姿のあまりに寂しそうな様子に自分の姿を重ね、すぐに飛び出すという始末。

3つ目のハコは、タクシーの運転手に「とにかく広いハコ。若者ばかりのところ」と強調したために、観光Mapにも載っていないほど遠くへ連れて行かれ、タクシー代をしこたま払う。私の希望通り、現地の若者がたくさん集まるとてもでかいハコだったが...

タイでいうコヨーテダンスのようにビキニにショートパンツのおネエちゃん二人が踊るショータイムもあった。おネエちゃんを横目に、ショータイムの間も体育会系で踊る私だったが...

2つ目も3つ目のハコも、ヘルメット持ち込みを許可されないのはいただけない。頭で回ってはダメだと言われてしまった。テーブルの隙間で縦ノリに踊るしかない。これじゃあ、ラオスのディスコーと変わらないじゃーん。

そして、一夜明けて最終日。
ベトナム紙幣(ドン)をできれば使い切ろうと、レストランで頼んだ食事。メニューのgrilled porkまで読んで、これ!と決めた。だって、持ち金とほぼ同額だったし。

やってきたのは、酢豚だった。

...

なんで、ベトナム最後の食事が酢豚なんだーっ?!

しかも、私の大嫌いな温かいパイナップルがたくさん入っているし、南国の恵みか、その甘味も日本の以上だし。
酢豚にパイナップルを入れようと思いついたヤツを心から怨む。ご飯に甘いものが入っているなんて、許されないんだよ。甘いのなら、デザートにしてほしい。
運んできたお姉さんは、ベトナムの伝統的な料理の一つよと言っていたが...

ベトナムに最後っ屁を喰らわされた感じ。

やはりベトナムは偉大だった。
また次挑戦しに行くからな。
待ってろ、ベトナム。


おまけ

ベトナムで発見

9.jpg

ももさんの日記じゃないけど、歩く下着屋さん


5.jpg

あまりに馴染んだマネキン。二人の会話が聞こえてきそう?


4.jpg

エスニック系


7.jpg

背が高い!

2.jpg

化粧で、ここまで変わる!
男性陣、騙されてはいけません!(何に?)


3.jpg

ヅラが外れないように...?


10.jpg

妊婦さんも!


6.jpg

ボク、いつか機械の身体を手に入れるんだい!


8.jpg

ママ、裸じゃイヤァ〜!


注)2010年9月19日mixi上にて公開した日記を一部加筆修正したものです。


序章
Episode 1
Episode 2
Episode 3
Episode 4
Episode 5.1
Episode 5.2
Episode 5.3
Episode 5.4
Episode 6
Episode 7
Episode 8
Episode 9
Episode 10
戦績発表
外伝




ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ



タグ:ベトナム

スポンサードリンク



posted by sabaidee at 12:53 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | my life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック