Cafe & Bar ສະບາຍດີ >  ベトナムとの戦い 外伝之弐
2017年03月29日

 ベトナムとの戦い 外伝之弐


MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!) Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

6年前のベトナム旅行記が終わり、その二年後。店主がベトナムのどこに惹かれるのか、それが分かっていただけそうなので紹介します。

ベトナムとの戦いの定義についてはこちら


外伝之弐 Sông Hàn(ハン川)でSaxを吹いてみた


今回の旅にも持ってきたSax。一回目はハノイのホンキエム湖で。選曲が洋楽ばかりなので、ベトナム戦争のことを思うと、吹いていいのかなと心配したり、暑さのせいかチューニングが狂っていたり、伴奏にしているiPhoneの音がほとんど聴こえないくらい小さかったり、久々の人前での演奏になるから緊張したりで、散々な演奏だった。

2回目は、ダナンに来てハン川で。人通りも少ないからか、伴奏にしたiPadの音量が十分だったからか、少し慣れたせいもあるのか、1回目よりもはるかに上手く演奏できたと思う。おっちゃんが話しかけてきて、世間話をしたり、最後には家族と一緒に写真を撮ったり…なんだかいい感じ。

さて、続けて3回目である。やはりハン川で、空いたベンチを探すが見つからず。そこで、道向かいの店でビールを買い、椅子をかしてもらうことにした。3回目ともなるとかなり余裕も出てきて、自分自身がノれて演奏できてくる。周りに集まる人達も、一番多い。何が多いって、子どもたち。それも2、3歳くらい。興味津々で近づいてくる。

あ、君たちが興味あるのは演奏ではなく、Saxそのものなわけね。

PlayerとAudienceの距離が10cmって、どういうこと?Saxのベルの部分を覗き込むんじゃない。演奏しにくいやんけ。iPadの下のSaxケースに頭を擦り付けてどうする?それはスピーカーじゃないって、隣にいるお父ちゃんも言うとるやんけ。

しかも、一人始めると、二人三人とやり始めるし。何がそんなに面白いねん。頭擦り付けて、何をニコニコ笑とるねん。あ、こら。人が演奏しているSaxを触ろうとすな。お父ちゃん、しっかり抑えといてくれよな。頼むで、ホンマに。

何回か間違えたのは、演奏に集中できなかったせいにしておこう。

...

おい。兄ちゃん、彼女を俺の横に立たせて記念撮影をするな。観光地の立て看板とちゃうぞ。

...

ベトナム、やはり油断できない国である。


注)2012年8月13日Facebook上にて公開した日記を一部加筆修正したものです。


序章
Episode 1
Episode 2
Episode 3
Episode 4
Episode 5.1
Episode 5.2
Episode 5.3
Episode 5.4
Episode 6
Episode 7
Episode 8
Episode 9
Episode 10
戦績発表
外伝
外伝之弐




ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ



タグ:ベトナム

スポンサードリンク



posted by sabaidee at 08:26 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック