Cafe & Bar ສະບາຍດີ > 本日のSabaidee
2016年02月24日

 新説「ブレネリ考」

MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

最近のある夜のこと。ご夫婦で弊店に来てくださっている常連さまとある話で盛り上がりました。このご夫婦、本当に素敵なお二方で、以前も桃太郎話(いつかこちらも紹介しますね)で盛り上がったのですが、今回は「おおブレネリ」という歌が話題になりました。

おお ブレネリ あなたのおうちはどこ
わたしのおうちは スイッツァランドなのよ
きれいな湖水のほとりなのよ
ヤッホ ホトゥラララ(くりかえし)

そうです。この歌です。まずこの歌、妙にテンション高いですよね。家はどこ?という質問に対して、答えに続いてヤッホ ホトゥラララとくりかえす奇声。正気の沙汰とは思えません。そもそも家はどこ?と訊いているのですから、この二人はまだそれほど親しい間柄ではないと思われます。さらに考えてみると、この二人はいったいどこで出会った二人なのでしょうか?この二人がスイッツァランド以外の国で出会った異国人同士の間柄であれば、問題ありません。

しかし!しかしもしも...!
この二人がお互いスイッツァランド人であったとすれば、新たな悲劇が生まれます。

考えてみてください。あなたが合コンに行ったとしましょう。集まった人たちはあなたも含めてみんな日本人です。今日のメンバーにはなんと、あなたがいいな、と思うようなステキな異性がいます。みんな自己紹介も終わり、場の雰囲気も少し打ち解けてきたあたりで、あなたは思い切って尋ねます。「ねえ、どの辺に住んでいるの?」

「日本。」

ちーん。

今すぐ帰りてぇえ!と思うに違いありません。その後の時間は苦痛の時間でしかないことでしょう。

しかし、この曲の調子からしてそのような悲しい歌とは思えないので、二人は外国で出会った異国人同士ということが分かります。

ブレネリというのはスイッツァランドの女性によくある「Vreni;フレニ」の愛称「Vreneli;フレネリ」を意味しているそうで、“フレニちゃん”となります。ここまでで分かったのは、“フレニちゃん”はスイッツァランドに住んでいて、今は外国で「家はどこ?」と訊かれているということです。

え?!ちょっと待って。

奥さまから、待て!がかかりました。

わたしのおうちは スイッツァランドなのよ

と答えているのは、“フレニちゃん”なの?

どういうことかといいますと、奥さまの解釈では、スイッツァランドなのよと答えているのも、質問している人だというのです。

話を合コンに戻しましょう。

「なあなあ、自分、好きな食べもん、何なんー?」
(注;関西では「自分」と言って、相手を指すことがあります)

そこで相手が答えようと口を開きかけた、そこに間髪入れずに、

「あ、俺なー、焼肉好きやねん。肉を野菜で巻くんとちゃうで。野菜を肉で巻いて食べるくらい、肉好きやねん。」

決して多いとは言いませんが、たまにいますよね、そういう人。質問を投げといて、相手がそれに答える前に自分の話を進めるような人。

合コンの設定を歌に忠実に合わせてみましょう。

「なあなあ、フレニちゃん。自分、どこに住んでるん?」

そこでフレニちゃんが答えようと口を開きかけた、そこに間髪入れずに、

「あ、俺なー、日本に住んでんねん。あ、よう考えたら、ここも日本やったわ。わ―はっはっはっはっは。」

なんと!奥さまの説によって、ヤッホ ホトゥラララの謎も解けました。あれは、自分のギャグに自分でウケた笑い声を表していたのです。

このまま2番に行きます。

「なあなあ、フレニちゃん。自分、仕事何してるん?」

そこでフレニちゃんが答えようと口を開きかけた、そこに間髪入れずに、

「あ、俺なー、羊飼いしてんねん。オオカミが出るから怖いんやで。わ―はっはっはっはっは。」

日本ではオオカミは絶滅しているとされているので、オオカミが出るというのはこの人のギャグと考えて差し支えないでしょう。さらに、この合コンがどこで行われているか分かりませんが、この人が大阪に住んでいると仮定すれば、大阪で羊飼いをするというのは、「俺ら東京さ行ぐだ」で東京で牛(べこ)飼うのと同じくらいのギャグと考えられるでしょう。やはり、2番でもヤッホ ホトゥラララと自分のギャグに自分でウケた笑い声が必要になります。
(注;ニホンオオカミの確実な最後の生息情報は1905年とされており、「おおブレネリ」の歌詞は1949年発表されている。スイッツァランドのオオカミも1890年の目撃情報を最後に、歌詞発表当時は絶滅してるとされていた。なお、100年以上経って、オオカミの生息がスイッツァランドで再び確認されている)

つまり、「おおブレネリ」とは、スイッツァランドで行われた合コンに出かけたフレニちゃんが、やたらとテンションの高い男に一方的に話しかけられたという歌だったのです。

そんな話をしながらネットで調べてみると、ありますあります。「おおブレネリの謎」で検索がかかります。

なんと、3番4番もあるというのです。

おおブレネリ わたしの腕をごらん
明るいスイスをつくるため 
オオカミ必ず追い払う
ヤッホ ホトゥラララ(くりかえし)

おっと!これまでフレニちゃんに質問を投げかけてきた男(と断定しちゃいましょう、ここまできたら)、ついに直接的に「俺の話を聞けやー」という態度に出てきました。ますます奥さまの説の信ぴょう性が高まります。

おおブレネリ ごらんよスイッツァランドを
自由を求めて立ち上がる
たくましいみんなの足取りよ
ヤッホ ホトゥラララ(くりかえし)

1番2番の歌詞が「家はどこなん?」「仕事何してるん?」といった差しさわりのない内容だったものから、3番4番になると一気に愛国心高まる歌になっています。店主が予備校生時代に受けた自衛隊の勧誘のようです。つまり、3番4番こそが、男が言いたかったことであり、となると、このヤッホ ホトゥラララは決して笑い声ではなく、高揚した男の気持ちを表しているのでしょう。もしかすると、感極まった男がそう叫んでいるのかもしれません。

店主の解釈を加えると、「おおブレネリ」は、スイッツァランドで行われた合コンにフレニちゃんが出かけたところ、やたらテンションの高い男に話しかけられたが、実はスイッツァランドの軍隊の勧誘だったという歌なのです。

さて、長かった「ブレネリ考」も決着を迎えました。これでめでたしめでたし、と思った店主と常連さま達でしたが、そうはいきませんでした。

なんと、アメリカ版の歌があるというのです。日本語版「おおブレネリ」の作詞者の松田稔氏(元大阪YMCA主事)は、北米YMCAからの派遣主事R.L.ダーギン氏にレクリエーションの指導を受けていたそうで、その際ダーギン氏からもらった歌集にはアメリカ版の「おおブレネリ」が載っていたというのです。ということは、アメリカ版の歌詞の影響を受けていた...?

残念ながら、以下に紹介する歌詞が、歌集に載っていたものと同じかどうかは分からないそうですが、問題はそんなことではありません。

The 1st verse
O Vreneli, my pretty one, pray tell me, where's your home?
"My home it is in Switzerland, It's made of wood and stone."
Yo ho ho, tra la la la...

おおブレネリ(フレネリ)可愛い娘 君の家はどこ?
「私の家はスイスにあるの。木と石で出来ているのよ」

The 2nd verse
O Vreneli, my pretty one, pray tell me, where's your heart?
"O that," she said, "I gave away, But still I feel it smart."

おおブレネリ 可愛い娘 君の心(感情)はどこ?
「ああそれは」彼女は言った
「あげちゃったわ。でもまたうずくの」

The 3rd verse
O Vreneli, my pretty one, pray tell me, where's your head?
"My head I also gave away, It's with my heart," she said.

おおブレネリ 可愛い娘 君の頭(知性)はどこ?
「それもあげちゃったわ。心(感情)と一緒にね。」

ナンデスカ、コレ?!

1番はいいでしょう。日本の歌詞と同じです。いや、日本の歌詞は、これをもとに作られたのでしょう。

2番
なあなあ、フレニちゃん。自分の心はどこにあるん?(もしかして、俺にも脈あるかなー)
ああ、アレね。あげちゃった。(ごめんね、好みじゃないのよー。)

3番
なあなあ、フレニちゃん。まだ理性は働いてる?(だいぶ飲ませたしな。もう酔ってるやろ。)
ああ、理性ね。心と一緒にはじけ飛んじゃったわ。ふふっ。

危うし、フレニちゃん。ダメです、ダメですよ。ピンクレディーも歌いだしますよ。

逃げろ 逃げろ 逃げろ お嬢さん 地球の果てまで〜

ああ!アメリカ版「おおブレネリ」は、合コンでお持ち帰りされそうになっているフレニちゃんの歌だったのでしょうか?

松田稔氏による日本版「おおブレネリ」が発表された1949年の日本。戦後間もなく、まだまだ貧しかった時代です。闇市が存在し、親と死に別れた孤児たちも少なからずいたという話です。そんな時代に、合コンでお持ち帰り云々の歌。松田氏の困惑が相当なものであったとことは、容易に想像できます。

2016年の日本にいる店主が「おおブレネリ」の3番4番の歌詞を見て、なんだか国粋主義っぽい歌だなあという感想を持ったのに対して、戦後復興中の日本、みんなが余裕のない中必至で生き抜いている日本にいた松田氏はアメリカ版の「おおブレネリ」を見て、とてもそのまま歌えないと思ったことでしょう。あのような歌詞になるのは、自然な流れだと思います。

常連さまと話をした1つの歌から時代が見えてくる。店主の知的好奇心をくすぐります。これも出会いですね。これだからBARって、面白い。さあ、今夜はどんな出会いが待っているのでしょうか。


参考文献
おおブレネリ 歌詞の謎
スイスの雑記帳・自然
保護か駆除か、オオカミをめぐる対立
戦後間もない日本のカラー写真 1949年〜1950年
1949年の日本はどのくらい貧しかったですか

ລອກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook : Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog : Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Seesaaブログ : Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 : Cafe & Bar ສະບາຍດີ

posted by sabaidee at 14:38 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 本日のSabaidee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月17日

 お盆も平常通り営業いたしました。

Sabaidee!
さばいでぃー!(ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar Sabaidee店主です。

お盆が終わりましたね。今日から出社という方も多いのではないでしょうか。今朝中央市場へ買い出しに出かけたところ、出勤中のサラリーマンの方たちの姿を目にしました。弊店は先週も平常通り営業しておりました。正直、お客さんはだいぶ減るかなと覚悟していたのですが、常連さま達、初めて来てくださったお客さま達と、それほど心配するまでもありませんでした。本当にありがとうございます。ご来店いただくと、やはり励みになります。

そんなお客さま達の中に、店主の同級生もいました。お盆で関西に戻ってきていたり、旅行の途中に寄ってくれたり。

大学院時代の同級生は、息子(7歳)を一人入店させて、サプライズを敢行。いやいや。店主がその息子に会ったのは彼がまだ2歳くらいの頃。彼を見て、あ!と思うこともなく...「いらっしゃいませ。」の後で、漂う不思議なムード。「???」

中学時代の同級生は、実に中1の転校以来の再会。facebookでつながってはいたのですが、実際に会うのは本当に久しぶり。しかし、同級生とは不思議なもので、思い出を共有しているものだから話題に事欠かない。あっという間に時間が過ぎてしまいました。

日曜日のランチが終わり店を閉めてからは、大学の研究室の同期が集まりました。発酵生産学講座、つまり理系出身なものだから、飲み方も理系。違う種類のビールをコップに入れるときは、軽く共洗い。これは、新しいビールを少しだけ入れてコップを振り、前のビールを洗い流すことをいいます。実験ではもちろん、共洗いをした液体は捨ててしまいますが、飲み会時は胃の中に流し込みます。さらに、マドラーを使うときは、撹拌するといいます。理系出身の方なら、分かっていただけるのではないでしょうか。

IMG_7228 (640x480).jpg

さて、この時に5歳になる保育園児が「実験やりたい。」と子ども向けの実験書を持ってきました。彼が選んだ実験は、「インクの本当の色は?」というもの。コーヒーフィルターに水性ペンで●を書き、水を浸み込ませて放置するというもの。

「ペーパークロマトグラフィーやんか!」

「その書いた●はね、スポットっていうんやで。」理系ならではの指摘が入ります。
同級生の中に一人、博士号を取得した者がいたので、彼の指導の下、無事実験は終わりました。

それにしても、飲み会でまさかペーパークロマトグラフィーが始まるとは...
なんともアカデミックな飲み会となりました。

お盆を含めた先週の一週間。店主にとっては、懐かしい友達にも会えた素敵な一週間でした。皆さまのお盆は、どうでしたか?

ちょっとCM

CIMG4140 (640x480).jpg

モーニング(火〜金 7:00〜11:00、土、日 8:00〜11:00)ではお粥を提供しております。風邪をひいたときに食べるお粥ではなく、香港をはじめアジア諸国で朝に食べられているお粥です。日本人の感覚からすると、おじやといった方が分かりやすいかもしれません。胃にやさしい味ですので、二日酔いの朝にもお勧めです。根強いファンの方が、たくさんいらっしゃいます。

Facebook:https://www.facebook.com/cafenbarsabaidee

Ameba :http://profile.ameba.jp/cafe-n-bar-sabaidee/

FC2 HP :http://sabaidee.web.fc2.com/

posted by sabaidee at 09:50 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 本日のSabaidee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月02日

 妖怪電車でGO!

Sabaidee!
さばいでぃー!(ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar Sabaidee店主です。

先日ご来店いただいたお客さまは、ラオ人一人、日本人二人の3人組でした。実はそのうちの一人は、元青年海外協力隊ラオス派遣ということでつながりのある方でした。その方の紹介でラオスの方も来てくださったのですが、なんと、facebookで店主とはすでに友達でした。お会いするのはこれが初めてです。この方、日本語はまだあまりしゃべられないようで、店主とは主にラオ語を使って会話をしていました。もう一人の日本人のお客さまは残念ながらラオ語はできないのですが、英語が非常に堪能な方です。

そうです。はじめのうちこそ、店主とラオ人、ラオスの元協力隊員はラオ語で話をし、日本人のお客さまと元隊員と店主は日本語で話をしていたのですが、そのうちに英語で会話が進みだしました。そして時折混ざる日本語、ラオ語。多言語が入り乱れて会話が進む。海外旅行へ出かけるとよくあるシチュエーションなのですが、店主は日本にいるとなかなか経験しないことだったので、新鮮に感じました。いかに自分の考えを伝えるか。そこに頭を使うって、楽しいものです。

どういう会話の流れか、各自の恋愛話になり、好みのタイプになり、そんな頃に日本人のお客さまがふと写真を見せてくれました。

えーっと、電車の中で撮った写真ですね。
メインで写っているのは、3人組ですか。あ、この人見たことあります。確か、子泣きジジイ。え、違う?妖怪小豆とぎ。青い人は、よく分かんないけど、とにかくお化けですね。

10592707_609521339147050_513933332716891237_n (427x640).jpg

で、もう一人写っているこの人。顔に大けがしてますけど。ってか、こんな怪我で外を出歩いていいんですか?

16706_609522255813625_950402985845321273_n (640x426).jpg

「あ、それが私です。」

なんでも特殊メイクに興味があり、2,3年ほど前に始められたとか。始めた頃の写真を見せていただきましたが、この頃はまだ素人感が少し残っていて、お!がんばっているね。というレベル。
昨年の写真、プロ顔負けなんですけど。隣に写っている子どもの顔、マジでビビってますよ。

「嵐山を走る妖怪電車というのがあって、運賃は大人210円、子ども110円なんですけど、妖怪は50円なんです。いろんな妖怪が乗っていますよ。」

「嵐山 妖怪電車」で動画を検索してみたところ、ありました、ありました。
子ども、マジで泣き叫んでいますやん。

血ノリはそのままの赤色だと鮮やかすぎるので墨汁を加えてドス黒くしたり、紅茶を服に染み込ませると、触りたくないくらい汚らしさ感が出たりとか、いろいろ工夫されているそうです。
「妖怪総選挙」で特別賞を受賞したこともあるとか...

「優勝を狙っていたので、悔しくてその日は反省会を行いました。」

10592973_609522132480304_7206012280871902450_n (640x427).jpg
反省会中

めっちゃマジですやん。これまでは受賞狙いだったのが、今年は自分がやりたいものをやるというコンセプトに変わったそうです。果たして、どんな妖怪に化けて出てくるのか。楽しみです。彼女は、8月23日の妖怪電車に現れるそうです。ちなみに、素顔の3人とも、かわいらしい、または美しい女性たちです。メイクって、こんなにも人を変えるんですね。あ、もはや人ですらなくなっていますけど...

ただ、こんなことも...
「妖怪電車は、四条大宮と嵐山だけしか、妖怪として乗車できないんです。私たちメイクに忙しくて、電車を逃し、嵐山までタクシーで乗り付けたこともあります。」

特殊メイクに賭ける気合い、もはや素人の域を超えていますね。

嵐山妖怪電車は、8月13,14,15,22,23日に走るそうです。
この夏、納涼を兼ねて嵐山へ出かけてみては、いかがでしょうか?


ちょっとCM
CIMG4121 (640x480).jpg
裏メニュー カレー粥セット ¥500
ドリンク、ミニサラダが付きます。

香港風お粥にカレーをトッピング。カレーライスとはまた違う、重厚な味わいをご賞味ください。モーニング時のみのサービスですが、いつもご提供できるわけではありません。裏メニューの中でもとりわけレアな存在です。遭遇できたあなたは、かなりラッキーです。

Facebook:https://www.facebook.com/cafenbarsabaidee

Ameba : http://profile.ameba.jp/cafe-n-bar-sabaidee/

FC2 HP : http://sabaidee.web.fc2.com/

posted by sabaidee at 00:24 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 本日のSabaidee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする