Cafe & Bar ສະບາຍດີ > スグレモノ
2017年02月15日

 続・続々・復活したiPhoneのその後

MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

ベトナムで復活を果たしたiPhone5のその後、いつまで続く?

基盤が酸化したであろうと仮説し、錆除去剤を塗ってみる。

ちーん。終ー了ー。

コネクタを購入。自力で交換してみる。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと!
ここで試合終了のホイッスルだぁ〜〜〜〜〜〜!(キャプテン翼調でお願いします)

というわけで、どうしたものかと思案してみました。

案1;もうこのまま箱入りさせてしまう

つい先日バッテリー交換したばかりです。なんだかもったいない。それにやはりiPhoneからInstagramへの投稿はめちゃくちゃ便利です。このまま眠らせるという案は却下です。

案2;もう一度コネクタを購入し、再度挑戦してみる。

うーん。確かに電源が入らないのは、コネクタの基盤を貼りなおす時にぼこぼこにしてしまったからかも。そもそも、あのコネクタ本当に大丈夫か?元のコネクタについていた小さなゴム(ラウドスピーカ―の端子を覆っていた)もなかったし、イヤホンジャックにも配線がなかったぞ。

でも、よく考えてみろ。問題はそこか?

新しいコネクタを手に入れたとしても、きちんとはめることができないのではまた同じことではないか。
ということで、コネクタ再度購入案も却下します。

案3;外国へ行き、ショップで修理してもらう。

いいね!パスポートの期限もそろそろ切れかかっているし、今のうちに...

待て待て。前回ベトナムに行ってからまだひと月しか経っていないぞ。さすがにそんな余裕はない。
涙を呑んで、却下します。

最終案;Apple正規代理店で修理してもらう。

うん。これが確実かな。Apple Storeでは本体ごとの交換だから見積もりだいたい¥38,000と言われていたので、却下。ネットで調べると、正規代理店だとコネクタ交換は¥5,000前後のようです。

おや?

ある店舗に「アプリ割」というものを見つけました。お店が指定するアプリを登録すると、修理代金から¥2〜3,000引いてもらえるとのことです。

これだ!

大阪梅田店と西梅田店の2店舗がありましたが、立地条件からおそらく空いているだろうと思い、西梅田店に電話してみました。月曜日の予約はまだ入っていないとのことで、都合のいい時間をとってもらえました。

さて、当日。

ヒルトンプラザウェストのきれいなビルに入り、エレベータに乗り込みます。18Fへ。とてもきれいなビルなのに人でごった返すということはまずありません。うんうん。こちらを選んで正解です。いや、あっちはどうなのか全く知らないから比較できないんですけど。

エレベータを降りて右に曲がると、正面にとてもきれいな空間が見えてきます。どうやらレンタルオフィスの受付のようですね。受付の手前を右に曲がり、一つ目の左手のドア、屋号も標識も何もない部屋が、目指す店舗です。

ちなみに店主、このような場所にも物怖じしません。間違えたら、「あ!すみませーん。」とにこやかに去るだけです。笑顔がポイントです。言葉の通じない海外で身に着けた、ボディランゲージの最終奥義です。一見で入るスナックも、これで乗り切ってきました。

しかし入った部屋の棚にはスマートフォンの部品が整然と積まれてあることから、店主は最終奥義を出す必要がないことを瞬時に理解しました。

4畳半?6畳?程の部屋にテーブルが一台。入り口側の壁に椅子が二つ。窓はありません。きれいだけど、生活臭のないこの狭い空間。店主なら30分で飽きだし、2時間で苦痛を感じるようになることでしょう。

そこに大きなマスクで顔の半分くらいを隠した、きれいな20代くらいのお姉さんが一人いました。

うーんと...

受付の人かな?

修理の人はいないのかな?

狭い店内です。見渡す必要もなく、お店にはお姉さんしかいないということがすぐわかります。とりあえずここで受け付けて、大阪梅田店に持って行って修理してもらえるのかな?

とにかく、お姉さんに事のいきさつを話しました。

無謀にも自分で交換を試みたが、失敗に終わってしまったと。

お姉さん、優しく対応してくれます。

自分で前面パネルを開けたことにより、もしかすると画面の接続部分やカメラ部の接続部が故障している可能性もある。そうなると最悪¥16,000程の修理代がかかることになる、と。

こちらとしては、¥38,000をすでに言い渡されているので、それで済むのなら、とOKを出しました。万が一それ以上かかるようなら、その時は前もって連絡をしてから修理にかかるとのことです。ありがたい心遣いです。

それで、直してくれるのはー。

そのう、おねえさんですか?

「はい、私です。」にこやかに答えるお姉さん。

そうだったんデスネー。失礼シマシター。

直前に別の予約の人がいたので、店主の場合は1時間待ち。おそらく普通なら30分で見てもらえることでしょう。

というわけで...

どこかカフェで読書でもしようとウロウロ...

なんだか素敵なカフェを見つけたので、入ることにしました。

「XEX WEST The BAR」この店名で検索をかけると、ヒットすると思います。なんとも贅沢な空間です。カフェにしようと思いつつ、生ビールがコーヒーと同じ値段だったので、迷わず生ビールにしました。うーん、快適。読書も進みます。

1時間後―。

「どうでした?」恐る恐るお姉さんに尋ねる店主。

「ああ...」

そういって、店主のiPhoneを出してくれるお姉さん。

ああ...

その、間はなんですか?

「大丈夫、直りましたよ。コネクタも交換せずに、お客様のもので使えました。」

ありがとうー!!!
思わずお姉さんの手を取って、オクラホマミキサーを踊りたい衝動を必死に抑える店主。
でもお姉さん、その間はやめてね。心臓に悪いから。

そこでいろいろ教えてもらいました。
購入したコネクタにはついていなかった小さなゴム。あれはラウドスピーカ―の端子についていたのだと。

この配線どうしたらいいのか?悩んだあれはWifiアンテナで、本来は先端が収まる部分が、カバーを外す時に変形してしまったこと。

コネクタの基盤が曲がってしまっていて...
ああ、それ。店主の仕業です。

店主のように、先に自分でiPhoneを開けてしまった場合、修理の保証は受けられません。不具合が、お店の修理が理由か、先に自分でやってしまったことが理由かが分からなくなるからです。これは修理をお願いする前に言われました。そして、コネクタは店主のものを利用したので、今回はメンテナンス費用だけということでした。ただ、残念ながら「アプリ割」は使えませんでした。登録するときに携帯電話番号が必要になるのですが、店主は日本のSIMを使っていないため、日本で使える番号がないからです。しかし、店主としてはダメ元の気持でしたから、直してもらえて大満足です。データもそのままでした。ベトナムの番号で登録したアプリがあったので、それだけは消したくなかったのです。

いろいろ優しく教えてくれたお姉さん。このお姉さんこそが今回の優れ者たるスグレモノです。

お姉さん、今日お昼までだけで、すでに6台のiPhoneを修理したと言っていました。大阪梅田店の方はスタッフも3人いるので、多いときは一日で60台くらいの修理を行うこともあるそうです。

さて、今回のメンテナンス代、¥4,860でした。あれこれ自分で購入するなら、はじめから店舗に依頼すればよかった...とは思いません。

確かに無駄な出費かもしれませんが、おかげでiPhoneの内部に迫ることができました。結局自分で直すことはできなくても、どの部分が関連しているのか。その勉強代と思っています。コネクタの接触不良、もしかすると、コネクタ部と前面パネルの接触面の問題かもしれません。とすれば、コネクタを交換しなくても、接触面を少し触ってやれば直ったかも?(もちろん、想像です)

まあ、しかし、またこのような充電できない状態が起こるのも嫌なので。

対策を練ってみました。

CIMG5136-2.jpg


CIMG5134-2.jpg


iPhone Qiワイヤレス充電カバーです。
コネクタ部を常にふさぐことになるので、ゴミが入る問題はクリアできます。

CIMG5137-2.jpg


右の丸いものが充電器です。

CIMG5131-2.jpg


充電中はこんな感じで、なんともスタイリッシュ。


CIMG5124-2.jpg


ちょっと前のこんな状態とはえらい違いです。

というわけで、めでたしめでたし。
お姉さんのおかげで無事直りました。本当にありがとう!

大事に使っていきますが、万が一また故障することがあれば、今度は外国のショップで修理をお願いしようと思います。



ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

posted by sabaidee at 14:27 | 大阪 ☀ | Comment(0) | スグレモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月23日

 復活!iPhone5

MAPMENUPV貸し展示スペース旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

愛用していたiPhone5が充電できなくなってレンガと化してしまい、新しい電話を使っていた店主ですが、やはりiPhoneが必要になってきました。
新しい電話」参照

理由は、Instagramを始めたからです。弊店Cafe & Bar ສະບາຍດີ(サバイディー)のFacebookページを訪れてくださるお客様の数が頭打ち状態で悩んでいたところ、どうやら若者たちはFacebookを嫌い、LINEやInstagramに流れているとの情報をつかんだのです。

というわけでInstagramを始めた店主ですが、PCから写真をUPするのは基本できないようです。となると、iPadで撮影...

IMG_0231.JPG

これ、すっごい面倒なんですけど。しかも外でiPadで撮影するときって、意外と恥ずかしかったりします。そんな大げさな...って感じで。なにより、iPhoneのカメラの解像度に慣れてしまっていると、iPadでは少し物足りなく思います。コンデジやデジ一で撮った写真をiCloudフォトで引っ張り込んだりもしましたが、やはり手軽さでいえばiPhoneには勝てません。

いよいよiPhoneを復活させるか。Apple Storeでは、本体のコネクタ部分を交換する必要があるため本体ごと交換しなければならず、とんでもない金額を見積もられました。しかし友だちの提言通り、バッテリーへたった説を支持。とりあえずバッテリーを交換してみて、それでもだめならコネクタを自分で交換してみようかと思いました。

さて、ネットで調べてみると、バッテリー交換を自分で行うとざっくり2,000円くらい。正規代理店に出すと、5,000円くらいかかるみたいです。手間と安全性を考えたら正規代理店かなあ?と思いつつ、ちょっと高いなあなんて思っていたところ、仕事でベトナムへ行く機会が訪れました。

そもそも店主のiPhone5はベトナムで購入したものです。現地の店で交換してもらうことにしました。

IMG_8345-2.jpg


幸いにも購入した店を訪れることができたので、さっそくお願いしてみます。この店、購入後iPhoneの調子が悪いと旅行中に修理をお願いしたところ、自分の滞在日いっぱいいっぱいまで取り組んでくれて、最後は見事直してくれたという信頼を寄せている店です。その時は正直、「うちでは無理だよ。」と断られるかと思いました。しかし、自分がこの日までこの町にいると告げると、では、その日の閉店時間まで取り組んでみるから、寄ってくれと言ってくれたのです。これまで、ベトナムの社会主義商法にうんざりしてきたこともよくありました。資本主義商法に慣れた身からすると、商売する気あるの?と疑問に思ってしまうほど投げやりな態度とか。しかし、ドイモイ政策の効果は確実に表れてきているのでしょう。近年ベトナムの若者は勤勉だという評価が上がっていますが、納得です。

バッテリー交換をお願いしたいんだけど、いくらかかるの?と尋ねてみると、

240,000VDN(ドン)かかるけどいいかい?と答えが返ってきました。

えーと、えーと。いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん...

に、にじゅうよんまんドンだってー?!

えーと、えーと。1万円が1,950,000VDN(ドン)だったから...
ざっくり計算するなら、0二つとって、2で割るといいのか。

えーと、えーと。

せ、せんにひゃく円だってー?

お願いします。m(_ _)m

5分ほどで済むよ。

と言われ、まだティーンネイジャーと思しき少年が現れ、鼻歌交じりに店主のiPhoneを分解していきます。Youtubeの動画で見たとおり、ネジを外して、それからパネル前面を外すんだよね?ここで吸盤が登場するんだよね?

店主の期待を裏切り、少年は指の爪を隙間に入れると、さくさくっと前面パネルを外していきます。

こ、こんな方法があったのか...!

さすがに5分とはいきませんでしたが、それでも10分ほどでバッテリー交換終了。さて、肝心の電源は入るのか?

IMG_8337.PNG


おお〜!
約5か月ぶりにこの画面と再会しました。

わずかな時間で人にやってもらえてバッテリー交換が1,200円。まあ、バッテリーが正規品かどうかは確かめていませんが。

今回のスグレモノは、この優れ者である少年でした。プロフェッショナル!

その後、店主のiPhoneの調子はどうかというと...

ホテルや店のwifiにつなごうとしても、場所によっては“パスワードが違います”と表示されてつながらないということがありました。調べてみると、ルーターとの相性でそういった現象もあるようです。ルーターをリセットしたり、WEPキーの暗号化をするとよいとネットでは解決策が出ていましたが、そんなの他人のルーターではできませーん。結構ベトナムではそういう状態も多かったので困りましたが、そういう時は3G回線に接続して回避しました。

日本ではJR西日本のFREE Wifiにはつながらなかったのですが、自分のルーターにはつながっているので今のところ不便はありません。

前回不具合の発端となったコネクタの接触不良ですが、しばらくするとやはり症状があらわれてしまいました。いろいろ試した結果、コネクタに接続する前に強く息を吹きかけると充電できるので、問題なしとします。腹式呼吸の訓練の一環と思うことにします。

!注意!
後から知ったのですが、息を吹きかけると水分がコネクタ部から侵入してしまう恐れがあり、やめた方がいいとのことです。


52FD894A-D380-44E0-903A-AE00B45F3DAA.jpg

そこでブロアーを使ってみましたが、全く効果なし。コネクタの金属部分が酸化皮膜を作ってしまったのではないかと推測してみました。後日防錆剤を使ってみて、それでもダメならコネクタの交換に挑もうかと思います。

ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook :Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Instagram :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 :Cafe & Bar ສະບາຍດີ

posted by sabaidee at 09:45 | 大阪 ☁ | Comment(0) | スグレモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月26日

 新しい電話

MAP MENU PV 貸し展示スペース 旅の情報ノート

ສະບາຍດີ!(さばいでぃー!;ラオ語でこんにちは!)
Cafe & Bar ສະບາຍດີ店主です。

店主が愛用していたiPhone5、ついに使えなくなってしまいました。

CIMG4832 (640x480).jpg


"This cable or accessories is not certified and may not work reliably with this iPhone"
最近よくこんなメッセージが現われ、なかなか充電できなかったのですが、時々充電できていたので、だましだまし使っていたんです。ところが、ついに充電できなくなり、完全に動かなくなってしまいました。

そこでApple Storeへ持ち込んだところ、「おそらくコネクタの交換が必要で、そうなると本体ごと変えなければいけないので、38,000円ほどかかるでしょう。」と言われました。「もしくは...」

もしくは−?

「新しい機種に変更という手がありますね。iPhoneSEで64Gbのメモリだと、58,000円です。」

えー!!!!!

とりあえず一通り説明を受けていったん引き揚げました。

さて、この動かなくなってレンガと化してしまったiPhoneをどうするか?

修理に出すとそんなにするのか?と、ネットで調べてみました。けっこう似たような症状の人がいるんですね。3rd Partyの充電器、特にケーブルは認識しなくなることが多いようです。店主の充電器、iPhoneのものは旅行先で紛失してしまったので、iPadのものを使っています。一応というか、れっきとしたApple純製品なので、問題ないはずなんですけど。

友達が、バッテリーがへたってきたのでは?とアドバイスをくれました。なるほど。確かにもう4年くらい使っているので、バッテリーを交換してもいい頃です。やはりネットで調べると、自分で交換する方法が紹介されています。動画で紹介されているのが、一番参考になりました。その中に、気になるものが。

手先が不器用な自分でも交換できたという内容のものなのですが、bad評価が結構くだされていて、気になってコメントを見てみると、バッテリーの外し方が乱暴すぎて危険だと。「リポ爆発」という表現があったので、調べると、便利なLi-Po(リチウムポリマー)バッテリーは取り扱いに注意が必要で、特に強い衝撃やショートにより爆発することがあるそうです。小型爆弾と考えて差し支えないほどのレベルだとか。

他の動画を見ていても、フロントパネルを開けるのに苦労しているようです。これ、誰か他の人が手伝ってくれれば隙間にヘラを入れてこじ開けられそうですが、独りきりだと...

というわけで、正規代理店に修理に出そうか検討中です。バッテリー交換なら5,000円前後ということなので、手間と安全性を考えたら妥当かな、と...

さて、そんなわけでiPhoneが使えない状態で、店主の生活の何が変わるかというと...

大きくは何も変わりません。だって、もともと携帯電話として使っていないのですから。
その携帯ドコノ?」参照

このままなくてもいいかな?

まあ、ちょっと不便だなと思ったのは、普段持ち歩くカメラが一つ減ったこと。店の固定電話をハンズフリーで使うアプリを使えなくなったこと。行きつけのカラオケボックスのネット会員証を提示できなくなったこと。

カメラについては、普段iPhone以外にもコンデジを持ち歩いているので特に問題はありません。まあ、強いて言えば、撮影したものをそのままiPhoneを使ってFacebook等にUPできずに、一度PCにファイルを落としてからUPしなければならないということですが、それほどの手間でもありません。これが決め手でわざわざお金をかけて修理しなければならない、というほどでもありません。

店の固定電話のハンズフリー。これは困りました。忙しいときに電話がかかってきても、ハンズフリーなら問題なく電話に出ることができて本当に便利なのでした。
スグレモノたち その1」参照

たまにハンズフリーで話をしていると、電話に出ていることを知らないお客さんが不思議そうに店主を見ていますけど...

しかたなく子機を手元に置いて対応しましたが、両手が使えないというのはとても不便です。やはりiPhoneを修理すべきか、と思っていたところ...

そういえば、iPad持ってたな。ハンズフリーのアプリ、AGEphoneはiPhone用アプリですが、iPadにも問題なくインストールできました。設定をちょちょいと変えて...

CIMG4836 (640x480).jpg


はい!でっかい携帯電話の出来上がり!

ところが、これまで登録していた連絡先がないので、また一からデータを打たなければならないのかと途方に暮れていたところ...

iCloudのデータを引っ張り込んだら、連絡先もメモもデータを呼び出せるじゃないですか!

店主、男性にしてはキーが高いので、カラオケでは普通のキーでは歌えません。曲ごとにキーを変えていたんですが、そのメモまで呼び出せるとは...!これでカラオケ居酒屋へ行っても困りません。

さて、残るカラオケボックスのネット会員証ですが...

「メール」のiCloudの受信ボックスを覗いてみると、見事登録してあるカラオケ店からのMailが届いています。こちらを提示すれば、これまで通り会員価格で利用できます。

というわけで、iPhoneは当分の間使わずに済みそうです。やっぱりあれば便利かな?と思うようになったら、修理に出そうと思います。

今回のスグレモノは、iCloudでした。

ちなみに、店主のように充電ができなくなる状態、別の友達もなったそうです。電源ボタンとホームボタンを長押しして、リセットすると直ったとか。

もっと早く言っておくれ。今の店主のiPhoneでは、その電源ボタンすら押せないという状態なので、全くのお手上げです。


ໂລກ(ろーく)がつぶやくTwitterはこちら

画像付きでつぶやくmetabirdsはこちら

Facebook : Cafe & Bar Sabaidee

Ameba blog : Cafe & Bar ສະບາຍດີ

Seesaaブログ : Cafe & Bar ສະບາຍດີ

FC2 : Cafe & Bar ສະບາຍດີ

posted by sabaidee at 14:25 | 大阪 ☁ | Comment(0) | スグレモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする